実践!金持ち父さん貧乏父さん


1.不安な日本の将来

1998年、私は18歳・高校生のころから、「精神的な病気」に興味・疑問を持っていました。

20世紀末、自殺者が急増するなか「人はなぜ自分を傷つけるのだろう?」と感じて医療系の大学に入学し、精神医療を学ぶ研究室に所属、うつ病の研究をしておりました。

研究中、常に気になることが、当時、30歳代~50歳代の自殺率が急激に増加している事実でした。

 

なんと自殺の主な増加原因は「経済的問題」だったのです!

 

昔に比べ、リストラや合併、戦略なき合理化などで仕事の量が増えています。

さらに、他部署への移動へのストレスなどが重なり、ストレス、プレッシャーが増えています。

そんな中、各企業で事業縮小による給料カットが行われる。

将来に悲観し、うつ状態になり、自分で自分の人生の終止符を打ってしまう。

私はそんな日本の将来に不安と怒りを抱えてきました。

 

「私たちの老後ってどうなるんだろう?」

「ぜんぜん給料上がらないよ・・・」

「残業手当出ないってさ・・・」

「税金こんなに取られてる!!」

「医療保険って今後どうなるの?」

「将来、年金ってどの位もらえるんだろうね・・・もらえるのかなぁ・・・」

 

こんなことが良く言われる中、私はこう思っていました。

自分の将来

2.運命の本との出会い!金持ち父さん貧乏父さん

自分の将来は自分で何とかしなくてはいけない!

でも・・・どうやればいいんだ?

 

そして、15年前(2000年)、20歳のときに本屋で偶然出会った運命の本

 

 「金持ち父さん貧乏父さん」

 

衝撃が体中に走ったのを覚えてます。

 

【私が親から教わってきた経済的安定を得る教え】

『勉強をして良い成績を取りなさい』⇒良い会社に就職できる

 

しかし、『金持ち父さん貧乏父さん』には違うことが書いてあったのです。

 

【金持ち父さんが教える金持ちになる教え】

『お金の勉強をしなさい』⇒良い会社を買ったり、良い投資ができる

 

そして、

「お金の為に働くな!?」

 

何のことだか最初はわかりませんでした。

働かなくてどうやって金持ちになるのか?

 

それが20歳の私。

『金持ち父さん貧乏父さん』は私の不安を取り払ってくれました。

 

それから私は金持ち父さんの5つの教えを実践してきました。(本では6つの教えでしたが、私が特に大事だと思った部分をまとめました)

 

しかし、経済・投資・お金の知識は全くなく、『ゼロ以下のマイナス』からのスタートです。 

3.実践!金持ち父さん貧乏父さん

金持ち父さん貧乏父さん

それから私は金持ち父さん貧乏父さんに書いてあることを実践してきました。

しかし、経済・投資・お金の知識は全くなく、『ゼロ以下のマイナス』からのスタートです。

まず最初に行ったことは無駄づかいが多かった自分と決別し、無駄づかいをやめました。

今まで、様々なローン・外食等無駄づかいが多かったので、やめるのには本当に苦労しました。

しかし今では不動産投資のローンを除き、私の負債欄はほとんど真っ白です。

キャッシュフローゲーム

それから、証券会社に行って株を買ったり、キャッシュフローゲームを繰り返し行い資産と負債の違い、財務諸表の作り方やキャッシュフローの管理・コントロールの仕方を学びました。

障害者福祉の専門職になってから、障害者の方と接して強く感じたのは、障害者の方が

『社会から偏見を受けている』

『働く場所が少なく、働いたとしても賃金がとても安い』

『住む場所(自立生活をする)が少ない』ということでした。

 

そんな社会を変えることが出来たらと思い、11年前(2004年)から不動産投資を行っています。

 

もちろん数多くの失敗もあり、失敗からたくさんの勉強をさせてもらいました。

その結果、今では働かなくてもある程度の生活が確保できるようになってます。

  

私が障害者福祉の専門家として活動して、肌で感じたことがあります。

最近「うつ病」の方が増えたと思いませんか?

事実、患者数は増えているのです。

理由として、ストレスの増加が原因の1つであると思います。

社会全体に『余裕』がないのです。なぜかというと『経済的な安定』がないから・・・

 

私は『経済的安定のための教育』

そして『永続的な豊かな経済と時間の自由を同時に手に入れる』為の教育システムを社会にもたらすことが、私の使命の1つであり、このサイトが存在する意義でもあります。

 

このサイトや、私が主催するキャッシュフローゲーム会、または各セミナー情報では、私が経験から得た資産作りの知識やコツがちりばめられています。

時代の変化

今、時代はめまぐるしく変化しています。

これまでの時代は、『会社』や『国』といったものに守られていた時代です。

良い大学をでて、公的機関や大企業に入ることができれば、経済的安定を確保できました。

しかしこれからの時代は?

4.信じるな 疑うな 確かめろ!

大企業の倒産、リストラ。

地方自治体の破綻、増税、年金負担率増。

そして、経済的に二極化が進み、これからもどんどん進んでいくでしょう。

 

安心してください。

私は普通の家庭で育ち、『貧乏父さん』に育てられ、初めは人脈も、お金も、知識もありませんでした。

 

私がしてきたことといえば、チャレンジしたいことに対し

 

『信じない』・・・すぐ信じる人は、失敗を人のせいにする⇒失敗から何も学ぶことが出来ない

『疑わない』・・・すぐ疑う人は、行動が減る⇒行動しない人は何も得られない

『まず確かめる』・・・確かめる人は、自分の頭で考え行動できる⇒経験を自分のスキルにする

 

ということだけです。

私は何回も失敗しています

でもその度に失敗を分析しチャレンジしてきました。

失敗を乗り越えたとき、一回りも二回りも魅力的な人間になってるはずです。

 

今のままでいますか?

 

もしあなたがチャレンジして『お金のスキル』を身に付けることができたら?

 

縁があり、皆様と各セミナー、勉強会で共にに学び合えることを楽しみにしています。